近視と乱視


 近視(きんし)

 遠くから入ってくる光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまうためにピントを合わせることができない屈折異常です。角膜や水晶体屈折力が大きいことが要因の「屈折性近視」と、角膜から網膜までの長さが正常より長いことが要因の「軸性近視」があります。眼鏡やコンタクトレンズで近視を矯正できますが、点眼薬による治療やエキシマレーザーによるレーシック(LASIK)手術などの治療方法があります。

 乱視(らんし)

 角膜の歪みが原因による屈折異常です。縦方向と横方向で屈折率のバランスが取れていない、つまりピントの合う距離が縦方向と横方向で異なっているので、像がぼやけたり二重に見えたりしてしまいます。乱視には「正乱視」と「不正乱視」があり、正乱視は眼鏡で矯正しますが、不正乱視の場合はコンタクトレンズを利用するのが一般的です。また、レーシック(LASIK)手術で乱視を矯正する方法もあります。


近視・乱視に関する詳しい情報があるサイト
Ocular.net
 「近視の進行防止と治療について」に近視の詳しい説明があります。
SKKヘルスどっとネット 目と健康シリーズ
 目の病気についての解説。とても詳しくわかりやすい。
トップページへ | 格安コンタクトレンズ通販のショップ