目のトラブルと病気


 眼精疲労(がんせいひろう)

 日常生活の中で「目が疲れる」ということはよくありますが、「目の疲れがとれない」「目が痛い」などの症状が続くことがあります。また、目の症状だけではなく「肩こり」「頭痛」「倦怠感」などの症状が出ることもあります。眼精疲労は生活環境を変えない限り自然に治ることはなかなかありません。
早めに眼科医の診断を受けましょう。

 ドライアイ

 ドライアイは目の生活習慣病といわれています。
目は薄い涙の層で覆われています。涙は目を守る役割を果たしているのですが、その涙の量が減ってしまうと目が乾燥して傷ついてしまいます。この状態をドライアイといいます。

 VDT症候群(VDTしょうこうぐん)

 VDTとは画像端末機器のことで、パソコンや携帯電話などです。これらを利用をするときは、長時間同じ姿勢で画面を注視するのと同時に、キーボードを打つなどの作業や作業結果の確認など行います。このような作業をしている時は「まばたき」の回数が減るので目が乾きやすく、ドライアイや眼精疲労を引き起こす原因になります。

 白内障(はくないしょう)

 目の中にある「水晶体」が濁ってしまう病気です。視力低下、物がぼやけて見える、明るいところでまぶしさを感じて見えにくいなどの症状があります。手術で治すことができます。

 緑内障(りょくないしょう)

 緑内障は視神経が障害されて視野が狭くなる病気です。緑内障で失われた視野は回復しませんので、ほおっておくと失明してしまうこともあります。したがって、早期に発見して進行を食い止める治療が必要になります。


目の健康に関する詳しい説明があるサイト
参天製薬 目の健康
 目のトラブルや症状に関する詳しい説明があります。
社団法人日本眼科医学会
 眼科医や大学教授による目の健康情報の詳しい解説があります。
SKKヘルスどっとネット 目と健康シリーズ
 目の病気についての解説。とても詳しくわかりやすい。
トップページへ | 格安コンタクトレンズ通販のショップ