含水率とは?(コンタクトレンズの用語)



 コンタクトを購入しようと店舗にいくと、コンタクトをレンズの含水率が何%かという説明をされますよね。でも、この「含水率」って、何なのでしょうか。私はコンタクト暦が長いのですが、ずっと知りませんでした。

 コンタクトの含んでいる水分の割合のことを含水率と言うのです。
「含水率」が高いと目に酸素を通しやすくなるので店舗では含水率が高いものを薦められます。
 しかし、実は、含水率が高ければいいというわけでもないのです。酸素の透過度は、レンズの薄さや汚れにも関わってくるからです。
 また、含水率が高いとレンズが水分を吸収するので目が乾きやすい原因になってしまいます。

 それだけではありません。「含水率」が高いと、レンズが汚れやすくなります。でも、使い捨てのコンタクトであれば、汚れれば、捨ててしまえばいいので、気にしなくてもいいですね。

トップページへ | 格安コンタクトレンズ通販のショップ